セックスの本番ピストンでのオーガズム、つまりは「膣内オーガズム」俗に言う「ナカイキ(膣イキ)」が出来るようになるには、膣の開発が必要です。前戯をどれだけうまく出来ようが、ピストンのやり方をどれだけ上手くやろうが、小手先のテクニックだけでナカイキするようになるのは難しいです。
>>膣の開発法をダウンロード

「開発」と聞いてとにかくその部分を刺激すれば感じるようになってくると思っている方が多くいらっしゃいます。しかし膣の開発はそんな単純なものではありません。無闇に膣の内部を刺激し続ければナカイキ出来るようになるわけではありません。ナカイキ出来る様に膣を開発するには、段階を踏んで時間を掛ける必要があります。

時間や手間はかかるが、それだけの価値があるナカイキ

時間や手間が掛かると聞いて、「そんな面倒くさい事やりたくない」と思う人もいることでしょう。
しかし膣開発によるナカイキは、そんな手間や時間を掛けるだけの価値があると断言します。ナカイキの快感というのは、例えば比較的簡単に出来るクリトリスに刺激によるオーガズムとは比べ物になりません。
クリトリスでイクのとは比べ物にならないくらいに、ナカイキの快感は深くて長いオーガズムなのです。全身が快感に包まれるオーガズムに、理性が飛び、声を上げてあられもない姿を女性はさらす事になります。一度味わってしまうとクセになり、もうクリトリス刺激でのオーガズム程度では満足出来なくなってしまいます。
つまりその女性はナカイキをさせてくれるあなた以外の男性ではもう満足出来なくなるという事です。

新種の開発法でGスポットはクリトリス並に敏感に出来ます

女性の膣内で感じる性感帯としてメジャーなものであるGスポットは、開発を行う事でとても敏感に感じる事が可能になります。難しいと思われがちなGスポット刺激ですが、クリトリスと同じくらいに敏感に感じるようにする事が可能なんです。
>>開発法の動画を見る

クリトリスのオーガズム(クリイキ)はなぜ簡単?

膣内オーガズム(ナカイキ)を経験した事のある人は少ないと思いますが、クリトリス刺激によるオーガズムは女性なら誰しも経験があるでしょう。セックス未経験の処女でもオナニーでクリトリス刺激でイった経験のある人は少なくありませんし、男性もパートナーと肉体関係を持っている人なら多くの人がクリトリスを弄ってイカせた経験があるかと思います。

ナカイキは難しいのに、なぜクリイキは簡単なんでしょう?
理由の一つとしてはクリトリスの方が敏感であるという事が挙げられると思います。クリトリスは触れば間違いなく感じる部分ですし、イった直後は敏感になりすぎていて、触ると痛みや不快感を感じてしまうくらい。

一方でGスポットなどの膣内の性感帯はクリトリスほど敏感ではありません。やみくもに触ってもダメ。
開発を行っていかないと快感を感じる事は難しい。

しかし「北条麻妃が教える膣開発法」の中の新種のGスポット開発法を実践すれば、Gスポットもクリトリスのような敏感に感じるようになります。場合によっては潮吹きを起こす事もありますよ。

動画の通りに実践すれば難しくありません。敏感なGスポットへの刺激の威力を実感してみてください。驚くと思います。

膣開発を行ってナカイキさせた人の感想

膣開発法の動画を見て、彼女に膣開発を行い、先日ついにセックスのピストンでナカイキさせました。

女性のナカイキを見た事が無い人からすると、

それってそんなにすごいものなの?

そんな事しなくてもオレの嫁(あるいは彼女)は満足していると思う

なんていう風に思いますよね。分かります。私も昔はそう思っていました。

しかし友人から嫁をナカイキさせた話を聞いて興味を持ち、彼女に話を持ちかけてみると、「うん、まあもっとエッチが気持ちよく出来るのならいいかな」と了承。早速北条麻妃が教える膣開発法をダウンロードして、実践してきました。

>>ここからダウンロードしました

 

開発を行っていると、日に日に目に見えて彼女が感じやすくなってくるのが分かりました。おっぱい触っているだけでアソコがびしょびしょになってしまうくらい。

当たり前ですが、彼女がナカイキする前に男の側が射精してしまっては元も子もないので、膣開発と平行して射精コントロールのトレーニングを行う事をオススメします。私はスパーキー佐藤の早漏革命のトレーニング法を実践しました。お互いに気持ちよくなるためのトレーニングを一緒にすると、モチベーションが上がりますね。一人で早漏対策をするのはちょっと続かなそう。

そんなわけで彼女の性感の開発もバッチリ、私の早漏改善もバッチリで、彼女はついにピストンで絶頂。物凄い声をあげ、恍惚の表情で放心状態という感じでした。私もここぞとばかりに射精しようとピストンをラストスパートしたところ、彼女はさらに感じてすごい声で喘ぎまくり。

終わった後に「ものすごっく気持ちよかったあ・・・・」って言ってました。