膣内をどう刺激すれば、女性はイクでしょう?
実に沢山の人が勘違いをしています。女性が膣内の快感でオーガズムに達するのには、激しい刺激は必要ないのです。

⇒正しい刺激の仕方を動画で見る

勘違いしてしまう理由

このような勘違いが起こるのは無理もありません。

性教育で「膣内で射精する事で子供が出来る」「オナニーをするのは自然な事で恥ずかしい事ではない」などといった知識は教えられても、男女がセックスやオナニーでどう気持ちよくなるのか、男女での違いについては教えられる機会なんてありません。

男性のペニスは激しく刺激した方が快感の高まりが早く、射精に達するのも早くなります。これはセックスを経験していない童貞でもオナニーをするうちに分かる事。このために「刺激が激しいほど快感が早く高まって早くイク」というのを女性にも当てはまるものだと勘違いしてしまいがち。

また、AVで男優が激しいピストンや指マン・クンニなどを行う描写が多く見られるのも理由の一つでしょう。
AVはあくまでも男性が見ながらオナニーを行うためのオカズとして作られた映像作品です。その内容には演出が入っています。AVで男優が行った激しい攻めで女優は喘いだりイったりしますが、これはあくまでも演技です。
AV男優が行っている事は、必ずしも本当にセックスで女性を気持ちよく出来るわけではありませんし、ましてやナカイキさせる事なんて出来ません。

膣の開発は激しく刺激をすることではない

女性がナカイキ出来るようになるために行う「膣の開発」ですが、これも激しい刺激ではありません。
「開発」という言葉のイメージから、膣を激しく指マンで刺激し続ければイケるようになるなんて思っている男性が少なくないのですが全くの間違いです。

参考:北条麻妃が教える膣開発法 ナカイキさせる方法の内容レビュー

きちんと段階を踏んで行わなくては、女性の膣はナカイキ可能な状態に開発されることは無いのです。